ほうれい線は筋肉の衰え

ほうれい線の原因は頬の筋肉が衰えることによってできるたるみ。もっと言うと、頬に付着している脂肪がたるんで下に落ち、溝が深くなり目立ってきます。
上から化粧をしても一時的に溝を埋めるだけで、完全に目立たなくするにはヒアルロン酸や脂肪の注入、または外科手術に頼らなければなりません。
ほうれい線を目立たないようにするには、筋肉を強化し、頬の皮膚がたるまないようにすることが必要です。

ほうれい線チェック

昔に比べ現代は食生活の変化やパソコンの作業により、ほうれい線ができる年齢は年々若くなってきています。
以下のチェックリストで、当てはまるものが多い人はほうれい線が出来やすいかも知れません。

  • まる顔である
  • 頬をつまむと、マシュマロのように軟らかい
  • ダイエットで太ったり痩せたりを繰り返している
  • 顔を洗ったらすぐに化粧水をつけないと突っ張る
  • 日焼けをしている
  • 姿勢が悪い(猫背)
  • 肩や首がこりやすい
  • 口が半開きになりやすい
  • 頭皮が硬い
  • 咀嚼する際に片側だけで噛むクセがある
  • 二重あごやエラの張りが気になる
  • 目の下に毛穴が目立つ
  • 仕事でパソコンを良く使う(前傾姿勢になりやすい)
  • 目が疲れやすい
  • 寝ている時顔についた枕の線などが消えにくい

姿勢が常に悪かったり、肩こりがひどいと、肩甲骨周辺の筋肉が硬い証拠です。
頭・顔・体の筋肉は全て繋がっているため、この筋肉が硬いと、顔の筋肉も硬くなっているはずです。
顔の筋肉に柔軟性がないと、寝ている間についた枕の跡が消えにくくなります。
目が疲れやすい人は、目の周辺の筋肉が硬いため、顔の血流が悪くなっています。
顔の筋肉がこわばると、ほうれい線はできやすくなってしまいます。

 

 

 

ほうれい線をチェックしよう記事一覧

 

ほうれい線・・・歳を取らない人はいないので、仕方ないことですが気にはなりますよね。女性ならなおさら気になるのではないでしょうか。ほうれい線には種類があり、それぞれの原因とお手入れの方法は異なります。そこで、ほうれい線の原因と種類をみていきたいと思います。ほうれい線には大きく分けて表皮性の浅いタイプ真皮製の深いタイプの二種類があります。

 
 

ほうれい線を予防するには、肌のたるみを防いで、乾燥やむくみを改善するケアが必要です。若い方はさほど気にならないかもしれませんが、早いうちからこの予防することが大事です。肌の老化原因シミやシワの実に80%を占めるといわれているのが、紫外線です。紫外線は、ほうれい線の原因となる乾燥や肌のたるみを招きますので特に注意や対策が必要です。そこで、ほうれい線が気になりはじめた方にオススメな予防法があります。

 
 

ある日鏡をフッと見た時に、自分のほうれい線が気になる…ある年齢になったら誰でも経験があるはずです。スキンケアは毎日かかさず行っているのに、何故?と思う方も多いと思います。ほうれい線は、普段の何気ない生活習慣の影響から出来てしまうことがあるそうです。自分では何気なくしている表情のクセや、習慣などがほうれい線を作っているとしたら、対策を立てて、クセは全て止めて予防改善しましょう。では、ほうれい線の原因...