ほうれい線にもタイプがあります

ほうれい線・・・歳を取らない人はいないので、仕方ないことですが気にはなりますよね。
女性ならなおさら気になるのではないでしょうか。
ほうれい線には種類があり、それぞれの原因とお手入れの方法は異なります。
そこで、ほうれい線の原因と種類をみていきたいと思います。

 

ほうれい線には大きく分けて

  • 表皮性の浅いタイプ
  • 真皮製の深いタイプ

の二種類があります。

浅いほうれい線

浅いほうれい線の主な原因とは、肌の表面の乾燥とむくみです。
これは歳に関係無く、二十代でもできるものですが、普段の保湿ケアを行うことで解消することが出来ます。
浅いほうれい線だからと言って油断は禁物です。放置してしまうと肌の老化を進行させて深いほうれい線を招く原因にもなってしまうため、この段階で解消させることが大切です。
浅いほうれい線は、紫外線や空気の乾燥によって肌の表面の水分が失われることによりキメが乱れ、柔軟性が無くなることによりできてしまいます。
むくみとは、本来ならスムーズに流れるはずの老廃物が、冷えや塩分の取りすぎなどによって顔にたまってしまうことで起きてしまいます。
顔に不必要な水分や老廃物がたまると、その重さに負けて肌がだんだんとたるんできてしまい、口元と頬の境界線が目立ってきて、ほうれい線になってしまうのです。

深いほうれい線

深いほうれい線とは、肌の老化現象の一つで、その原因は加齢によるコラーゲン・エラスチン繊維の減少と劣化、更に筋肉の衰えによるたるみです。
深いほうれい線は日ごろのスキンケアにより”ある程度”までは改善することが出来ますが、完全に消すことは難しいとされています。
肌の張りや弾力をキープする真皮層のコラーゲン・エラスチンは、加齢により全体量が減っていきます。
コラーゲン・エラスチンの全体量が減ってしまうと、肌は張りや弾力を維持できなくなり、皮膚はたるんでしまうのです。
更には、コラーゲンとエラスチンとは加齢により劣化してしまうものなのです。
コラーゲンとエラスチンが劣化してしまうと、ピンと張っていたものが古びたゴムのように弱くなってしまい、重力によって皮膚がたるんでしまうのです。
肌というものは真皮だけではなく、筋力によっても支えられています。しかし歳を重ねて筋肉が衰えてしまうと重力に負けて、皮膚はたるんでしまいます。