最近ほうれい線が気になる…

ある日鏡をフッと見た時に、自分のほうれい線が気になる…ある年齢になったら誰でも経験があるはずです。
スキンケアは毎日かかさず行っているのに、何故?と思う方も多いと思います。
ほうれい線は、普段の何気ない生活習慣の影響から出来てしまうことがあるそうです。
自分では何気なくしている表情のクセや、習慣などがほうれい線を作っているとしたら、対策を立てて、クセは全て止めて予防改善しましょう。
では、ほうれい線の原因となる生活習慣とはどういったものなのでしょうか。

現代人の生活習慣

ほうれい線で悩んでいる人は思いの他多いようです。早い人だと20代から悩む方もいるそうで、確かにテレビなどで見るタレントさん達でも、20代の綺麗な顔立ちにも関わらずほうれい線が目立っている方もいます。
あの若さで何故?と感じますが、現代人の生活習慣によって若い内からほうれい線ができてしまう傾向があると言われています。ほうれい線で悩んでいる方は女性全体の79%もいるそうです。

ほうれい線のできやすい人

実はほうれい線が出来やすい人というのがあります。

  • 生まれつきの骨格。
  • ほうれい線が目立ってしまう原因の一つとして、生まれつきの骨格に問題がある場合があります。
    口の周りの骨格が出っ張っている方は、口の周りと頬の間にシワが出来やすくなっているので、歳をとるとどうしてもほうれい線が出来やすくなってしまいます。

     

  • 丸顔で頬のやわらかい人
  • 丸顔で頬がやわらかい人は、頬の筋肉が元々少ないため、頬が下に落ちやすく、ほうれい線が目立ちやすくなってしまいます。

     

  • ダイエットを繰り返している人
  • ダイエットを繰り返し、痩せたり太ったりを繰り返す人は、口輪筋が劣化してしまい、ほうれい線が目立ちやすくなっています。

     

  • 痩せている人
  • 痩せていると、シワやほうれい線がどうしても目立ちやすくなります。太っている人というのはお肉が沢山口の周りに付いているので、逆に張りが出てほうれい線が目立ちにくいという傾向があります。

 

その他にも、物を食べる時に片側ばかりで噛む人や、猫背の人、横を向いて寝るクセのある人、頬杖をつくクセのある人なども、ほうれい線ができやすくなります。