ほうれい線が出来てしまう原因

ほうれい線ができてしまう一番の原因は顔の肌のたるみです。歳をとるとたるんだ皮膚がシワやほうれい線になってしまいます。しかしこの肌のたるみは一概に加齢だけが原因ではなく、ストレスや暴飲暴食、睡眠不足や急激なダイエット、紫外線の浴びすぎや喫煙も大きく影響します。
また、ほうれい線が出来やすい状態というのもあります。
肌の乾燥、表情筋のおとろえ、血液の流れが悪くなり新陳代謝が不良になるなど。
これらのことがシワを深くし、ほうれい線を作ってしまいます。

ほうれい線が出来てしまったら

ほうれい線が出来てしまったら、ヒアルロン酸や脂肪の注入、美容整形などである程度目立たなくすることは可能ですが、自分でできるマッサージなどもあります。
日々の努力でほうれい線の進行を遅らせることは可能です。
ほうれい線は表情筋の衰えによってより深いシワになってしまうので、常に表情を和らげることが大切です。
口を大きく開け、「あいうえお」とそれぞれの音を5秒間キープしながらゆっくり発声します。
これを3回ほど繰り返します。
目をつむって眉間にシワをよせて口をすぼめます。イメージとしては顔のパーツを中央に寄せる感じです。その後パッと声を出し口を大きくあけて顔の筋肉を開放します。これを3回繰り返します。

表情筋をほぐす

肩がこるように、実は顔の筋肉もこります。肩こりのときにマッサージで気持ちよくなるように、顔のこりをほぐすことで表情筋もやわらかくなり、ほうれい線の予防にもなります。
口角が上がる時に使われる筋肉があり、これを小頬骨筋と大頬骨筋と言います。
この筋肉が弾力を失うと、ほうれい線が目立ってきます。筋肉をほぐすことで弾力を取り戻します。
小頬骨筋は瞳の下から上唇の間にあり、大頬骨筋は目じりから口角までのびています。
この部分を毎日なでるようにやさしくマッサージしてあげましょう。

ほうれい線ができてしまったら記事一覧

 

加齢や紫外線、その他様々な原因で出来てしまったほうれい線。これをホームケアで完全に消すのはなかなか難しい…。でも、今のほうれい線の状態を改善することは出来るかもしれません。ほうれい線の主な原因となるたるみと乾燥に絞って、ほうれい線改善法を記していこうと思います。

 
 

ほうれい線対策のグッズが色々と発売されています。ほうれい線を解消してくれる優秀な表情筋エクササイズグッズなかなかに気になります。私のようにほうれい線にさようならしたい方は必見です。巷で話題の表情筋エクササイズベスト3の品を、ほうれい線への効果・手軽さなどで比較して、ランキング形式で記していきたいと思います。第1位はパタカラプレミアムパタカラプレミアムとは、長年にわたって表情筋を研究し続けてきた医学...

 
 

ほうれい線は、日々のマッサージや紫外線対策、化粧水などで進行を遅らせることはできますが、深く刻み込まれてしまった場合には、なかなか自分だけの努力で消すのは難しいことです。芸能人などはよく専門機関に頼ることが多いそうです。そこで、専門医療機関ではどうやってほうれい線を消すのかみていきましょう。

 
 

顔のたるみの原因は、乾燥、紫外線、姿勢、表情筋のおとろえやハリの低下と様々です。それら全ての原因を化粧品だけで解消することはできないでしょう。基本的に化粧品で補えるのは皮膚の角質層までですが、保湿と紫外線対策のケアは化粧品の得意なところです。